ジャンベ教室 初心者向け!「アフリカンたいこ教室」

トップページジャンベ教室>生徒さんの声2014

2014年12月31日 (水)

生徒さんの声2014

ご感想↓

ジャンベ教室(ジェンベ教室)「アフリカンたいこ教室」に参加し、ジャンベ(ジェンベ)を触ったことのないところから、半年間やってみてどうでしたか?

ジャンベ(ジェンベ)を習おうと思ったきっかけや、6ヶ月間やってみてどうだったかなど、自由に感想を書いてくださいね♪

ジャンベ(ジェンベ)が、半年間の間にどんどん叩けるようになっていくみなさんの楽しそうな様子! 私もとても嬉しかったです!

これからも、ぜひ同じクラスの仲間をはじめ、いろいろな方と一緒にジャンベ(ジェンベ)をたたいて楽しんでいただけたらと思います。また、中級や上級クラスに参加するのも楽しいでしょう。

自分のペースで、これからもどうぞジャンベ(ジェンベ)を楽しみ続けてください。

ありがとうございます。


アフリカンたいこ教室
花岡 英一 "Drums & Percussion 花"
関連記事

このページの先頭へ↑

ジャンベ教室一覧へ←

ジャンベ教室  | ご感想(4)

ご感想

初級から

始めて、あっという間にもう半年。手応えは、最初からみればジャンベのリズムが身についてきた?音に出すのはまた別ですが、慣れ親しみマイジャンベを触れるようになりました。クラスも小人数で丁寧に教えていただき自分にはあっていました。もう少し気楽に力を抜いてやれればとりリズムに乗りやすくなるのかなと思っております。

セッキー  2014年06月27日 01:33

セッキー ありがとうございます

 手を痛めない叩き方が習得できた後、自らリラックスして叩く重要性に意識が向き、いい感じです。ご希望の中級クラスでの継続、また楽しんでまいりましょう♪ ひとまず、半年間Djembeを楽しんでくださりありがとうございます。

花岡 英一 "Drums & Percussion 花"  2014年07月03日 00:47

始めて良かった~(^-^)

ジャンベという楽器に魅せられた私。でも習い事は続かない。。リズム感もない。。わくわくしながらも不安の中始めましたが、花さんは分からず屋な私にも何度も丁寧に教えてくださり、神か仏かっっ!?と思わせる花さんの優しい笑顔と人柄のおかげで、楽しくレッスンを続けることができました♪個性的な仲間(笑)にも出会えて良かったです!! 中級クラスも楽しみながら上手くなるように頑張りますd=(^o^)=b

凸  2014年12月30日 01:33

凸 ありがとうございます

 神でも仏でもありません(笑)。音楽の楽しさ、リズムの波に乗る心地よさを伝えたくて、レッスンさせていただいてるのですが、だれもが皆気が付かないうちに、少しずつそういう感じになって行く様子を毎回見ていると、嬉しくってニコニコしちゃうんですね。
 中級クラスも楽しんでくれていてありがとうございます!

花岡 英一 "Drums & Percussion 花"  2015年01月08日 05:04


講師プロフィール

hana0958(150x302).jpg
"Drums & Percussion 花" 花岡英一
ドラム&パーカッション

神奈川県横浜市出身。幼少の頃より、鍋のふたを叩いたり、近所の家から鳴り響くドラムの音に腰を躍らせていたらしい。

高校1年の冬、ニューヨークバークリー音楽院帰りの海老沢一博氏と出会い、6年間師事。
その後、中西俊博氏(Violin,Composer,Arranger)、菅野よう子氏(Composer,Arranger,Producer,Piano)のアシスタントを経験。毎日のように、一流ミュージシャンのレコーディングやライブ三昧という環境の中研鑽を積む。

やがて、ドラマーとして、おおたか静流、NHK「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんをはじめ様々なアーティストとの演奏を重ねるが、キリンジの公演にトラ(代役)で出演させていただいた際に、自分の苦手な部分に直面する。

一方、中央アフリカ旧ザイール音楽のグループに日本でドラマーとして4年間参加し、アフリカ人パーカッションの音とノリを吸収していく。自然の木と皮で出来た太鼓の音のここち良さに惹かれ独学。現在パーカッショニストとしても様々なアーティストのライヴやレコーディングに参加している。

パーカショニストとしての経験を重ねながら、常にドラムの研鑽を積み続け、苦手部分を克服し再びドラマーとして復帰。

2000年より東京都内の和田楽器店にてジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」主宰。
著書にジャンベ教則本『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』

タップとパーカッションによるパフォーマンス「Djembe&Tap スキップッポイ」、ここちよい民族楽器演奏グループ「天鼓(てんくう)」なども展開。躍動感溢れるリズム、打弦楽器から奏でられるやさしいメロディなどで構成されるソロコンサートも好評を博している。

2012年11月まで東京渋谷のアップリンクで公開の映画「いのり」のエンディングテーマに編曲・演奏で参加。

同映画監督、白鳥哲氏の映画主題曲集CD「mandala」に、アレンジ、演奏で参加。
http://livetogether.be/mandala.html

同CDのうた・ピアノ 星野ゆか とのコンサート、レコーディングも多数。
http://yukahoshino.net/onthisplanet.html

ボーカルや楽曲の良さを引き立てるパーカッション演奏、ここち良いグルーヴ感を叩きだすドラミングに定評がある。

リンク

メニュー